Ponz Dev Log

開発のことから合間に読んだ本の感想まで、マイルドに書きます

技術書典8でKafka本を出します

前回の技術書典7に引き続き、技術書典8でも技術同人誌を出すことになりました! 2月になると宣伝する余裕がなさそうなので、今のうちに宣伝しておきます。

techbookfest.org

今回出す本

今回は分散ストリーミングプラットフォームのKafkaの解説同人誌を出す予定です。

前回のメッセージングプラットフォームのNATSを調べたときに類似するOSSとして意識していたのですが、 触ってみるとめちゃくちゃ面白かったので推しポイントをプレゼンするつもりで書いてみる次第です。

目次

目次は以下のようなものを考えてます。 元々は自分の今いるチームメンバーに知識共有できたらいいなぁと考えていたので、意識的に章を細かく設定しています。 なので初学者が分かりやすい本になっているはず!

  • Kafkaとは ... 概要説明とKafk API概観
  • Kafkaの基本操作 ... クラスタ構築とコンソール操作
  • Kafka Producerアプリケーションを作る
  • Kafka Consumerアプリケーションを作る
  • Kafka ConnectでデータベースとKafkaを繋ぐチュートリアル
  • Kafka Streamsアプリケーションでストリーム処理してみる
  • Schema Registryでメッセージのスキーマを定義する

また、ストリーム処理だけでなく、Kafka ConnectやSchema Registryも取り上げているのが個人的にはポイントです。他の本ではあまり書いてないのでは?

ちなみに目次はオライリーのKafka本のものをベースにしています。もちろんこの本を読んでいなくても理解できるようになっています!

www.oreilly.co.jp

対象読者と書かないこと

対象読者はアプリ開発者でKafka初学者の想定です。以下の項目は今回の本のスコープから外す予定です。

  • Kafkaの内部実装の深堀り ... どのようにディスクに書き込んでいるのか等
  • Kafkaのセキュリティ周り ... SSLでメッセージの暗号化と認証認可まわり

それではどうぞお楽しみに! 当日は既刊のNATS本も持っていく予定です :)

以上。